これからフランチャイズを始める時に理解しておきたい二つのこと


場所の確保は最重要といえる

フランチャイズといえば、コンビニエンスストアやお弁当屋さんを思い出す人がいるかもしれません。たしかに、お店の経営をフランチャイズで展開しているところは多くなります。お店の経営で大事になるのは、場所になります。場所が悪ければ、来店するはずのお客さんがなかなか来ません。その結果、待ち構えているのは赤字の生活です。一方で、場所が良ければある程度お客さんが来店する可能性が高いです。場所を選ぶときに必要なことは、単に駅から近ければよい訳ではありません。駅から近い場合、駐車場はそれほど必要ありませんが目立つところにお店を展開することが大切です。これに対して、駅から遠い場合には、可能な限り自動車で来る人のために駐車場を確保しておきましょう。

ロイヤリティーの基礎知識も学んでおこう

フランチャイズといえば、ロイヤリティーが発生することを知識として知っている人も多いはずです。ロイヤリティーは、基本的に毎月支払うものになります。どれぐらい支払うかといえば、これはフランチャイザーの種類によって異なるといえるでしょう。ロイヤリティーの支払い方法には2種類あります。一つは、その月の売上の20パーセントないしは30パーセントという形で支払うタイプのものです。この場合には、売り上げが少ないうちはロイヤリティーも少ないため経営の負担も少なくなるでしょう。もう一つは、毎月定額で支払うパターンです。定額で支払う場合には、初期のうちはロイヤリティーの負担が大きくなりますが、長期的に経営を続けていき、ある程度規模が大きくなったときには負担が軽くなります。

フランチャイズ募集を探すには、様々なフランチャイズのオーナー募集が掲載されている情報サイトを見るという方法もあります。