目にも財布にも優しい?LED照明の特徴を正しく学ぼう!


明度が高く拡散しにくいので非常に明るい

照明の明るさは光そのものの明るさと、その光の拡散の度合いで決まります。電球や蛍光管などの従来の照明は使い続けるうちに明度が下がり、暗く感じてしまいます。また、四方八方に光が拡散するので、カバーをかけて一つの方向に光を誘導させる手間がかかるのです。その点、LED照明は元々の明度が非常に高いので、太陽光が降り注ぐ日中でも明るく照らすことができるのです。また、LED照明の光は拡散しにくい性質を持っています。遠く離れた部分もピンポイントで照らすことができるので、スポットライトや吹き抜け部分の照明機器に最適です。使用中は紫外線を放出しないので、屋外で使っても虫が集まらないという利点があります。

頑丈で電気代も少ないのが経済的なメリット

初期のLED照明は作るのが難しかったため、工場の照明や工事現場の投光器など限られた場面での使用に留まっていました。しかし技術の進歩によって量産が可能になり、価格も安くなったことから家庭用の照明として急速に普及しました。それでも従来の電球と比べると数倍の金額ではありますが、適切に扱えば約10年は性能が低下しないとされています。一般的な電球の寿命が約三か月ほどなので、LED照明は非常にお買い得と言えるのです。また、電力消費量も非常に少ないので毎月の電気代を大幅に減らすことができます。住宅の照明機器をLED照明に入れ替えるのは最初の出費がやや嵩む欠点があるものの、長期的に見れば照明関係の出費の削減を図るのに効果的な方法と言えます。

LEDライトパネルは屋外使用に対応した防水タイプも存在し、夜間でも店舗の存在をアピールできる他、紫外線に反応する虫が集まりにくいというメリットもあります。